ココロはカラフル

カラーボトルで心のクレンジング

*心はカラフル*

こんばんは

カラーボトルセラピストのTAKAYOです。

 

 

今日はブログのタイトルである

「ココロはカラフル」

についてお話させてもらいますね。

 

 

突然ですが。

何となく色から受ける印象ってありませんか?

f:id:color-takayo:20171216135251j:image

 

 

例えば情熱の赤いバラと言われるように、赤は情熱、怒り、青は冷静、ピンクは可愛いなど。

 

 

 f:id:color-takayo:20171109205844j:image

この戦隊ヒーローもリーダーと言えば赤など、ほぼ毎回お決まりの配色ですよね。

 

こうした事から、実は自然と色からイメージを受け取っていると気づいてもらえるのではないでしょうか。

 

そんな色彩が人に与える影響をもとに、気になる・惹かれる色からヒントをもらって心や身体の状態を知る方法。

それがカラーボトルセラピーです。

 

私が行うカラーボトルセラピーは、

赤、ピンク、オレンジ、黄色、緑、ターコイズ、青、ロイヤルブルー、紫、ローズマゼンタ、ゴールド、クリア、

の12色を使います。

 

心を知るために、これだけの色彩と照らし合わせることが必要なんですね。

 

心、つまり感情って、それだけ様々な状態があるということです。

 

喜怒哀楽はもちろん、悔しい、寂しい、嬉しい、ときめくなど。

 

 

また、感情をポジティブ・ネガティブと分類して、ポジティブ=良い、ネガティブ=ダメ、というイメージをお持ちの方も多いと思います。

 

でも私がこのセラピーをするに当たって大切にしたいのは、

「人は色々感じて当たり前。」

ということです。

 

特に怒り、悲しみなど、ネガティブとされる感情は、いつまでも感じていると辛かったり、それは良くないことだから…と早く何とかしようとする方がほとんどかもしれません。

いつまでもクヨクヨしてちゃいけない、こんなことで怒っちゃダメだ、早く元気に、冷静にならなきゃ!と。

 

でも傷つけられたら悲しいし、思い通りにならなければイライラするし、初めて挑戦することには緊張する。

 

それ、当たり前ですよね。

(私も初めてのブログ、めちゃくちゃドキドキしながら書いてます。)

 

もちろん段階を踏みながら気持ちを切り替えることは大切ですし、切り替えてスッキリできるに越したことはありません。

 

でもネガティブな感情は良くないからと、無理に抑えたり感じないようにするあまり、余計にしんどくなることってないですか?

またはネガティブな自分、ポジティブに切り替えられない自分を責めて、自己嫌悪に陥ったり…。

 

そういう時は無理に何とかしようとせず、自分がいま何を感じているかを知り、それを受け止めてあげて欲しいんです。

 

ちくしょー!も、ムカつくー!も、怖いなぁ…も。

それらを感じて自分を責めそうになったら、

「て言うか、そう感じて当たり前か。」

「しょうがない。だってそう思うんだから。」

と、まずは受け止めてあげる。

すると、ぎゅーっと力が入っていた気持ちが緩んで、ホッとする感覚になるんですよね。

 

ココロはカラフル。

つまり、色々な感情があって当たり前。

 

パクリですが、にんげんだもの

 

f:id:color-takayo:20180308165026j:image

 

辛くなるくらいなら、ネガティブな感情を抑えたり否定しすぎないでほしいな、という思いを込めました。

 

 

今日も読んでくださり、

ありがとうございました。