ココロはカラフル

To know your「 」

反応はヒント

 

「そんなことで怒るなんて。」

 

「泣くほどのことじゃない。」

 

こういう感じのことを言われた経験

ありませんか?

 

さらにそう言われて

私って短気なのかな、

気弱なのかな、

と自分を省みたり。

 

でも怒るかどうか、泣くかどうかって

誰が決めることなんでしょうか?

 

 

 

腹立つ!それ嫌!と感じたから怒った。

 

悲しみや悔しさ、または嬉しさを感じたから泣いた。

 

この感情は全て、怒った、泣いた人自身の中で起こったことで、泣くかどうか、怒るかどうかを決めたのは本人の心なん ですよね。

 

私自身、泣くほどのことじゃないと言われて、それは私が決めることぉぉぉ!と言い返したこともあります。

 

 

でも、

こんなことで怒ってはいけない、

もっと強くならなきゃ、

と自分に言い聞かせていたことも多く、ネガティブな方へ感情が動くと我慢か態度でしめすことがほとんどでした。

 

ただ、感情をスルーしたりブレーキをかけ続けると心はどんどん固まってしまうんですよね。

 

 

だから感情を抑えすぎている人は、

なぜ怒るのか、なぜ悲しいのか、

もっと感情を取り扱ってあげてほしい

と思います。

 

心の反応・動きは、

自分を知るヒントです。

 

心が動くポイントって千差万別で、人によって違いますよね。

 

f:id:color-takayo:20180111230152j:image

 

 

 

相手の態度や言葉に意識を向けることもできますが、

 

私ってこういうことをされると

腹が立つんだな、

悔しいんだな、

悲しいんだな、

嬉しいんだな、

 

と自分を知るヒントになるという見方もできます。

 

 

 

また、特にネガティブな感情って

抑えすぎると心に負担がかかりますが、逆にその感情を1人でありありと感じることも、それはそれでしんどい場合があります。

 

だから心には防衛機制(ココロの裏側 - ココロはカラフル)が備わっているわけですが、これも行きすぎると何かと支障が出てきます。

 

 

本当は自分がどう思っているか知りたいけど、それを1人で感じるのはしんどいな、と思われた時は、一緒にお話しながら気持ちを整理するお手伝いをさせていただきます。

 

今日も読んでくださり

ありがとうございました。

 

お申込みはこちらから↓

◇MENU◇ - ココロはカラフル