ココロはカラフル

To know your「 」

Let's 褒める

 

とあるカップルがいました。

 

彼女「あーアイス食べたくなってきた。でも外寒いし。やっぱpino食べたい!どうしよう。」

 

彼氏「オレ買ってくるよ。」

 

彼女「ホント⁈いいの?」

 

彼氏「買ってきたよー。はいどうぞ。」

 

彼女「…。(黙々と食べる)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:color-takayo:20180123152735j:image

 

 

 

 

 

 

 

彼氏「せっかく買ってきたのに‼︎」

f:id:color-takayo:20180123152744j:image 

 

という展開があったとして。

 

これを自分の中で起こっていることだと想像してみました。

 

 

あれしたい、これしたいという気持ちが湧いた時。

 

例えば、

京都のカフェに行ってみたい。

そのために行き方を調べて予定、仕事を調整して、念願の抹茶パフェにありつけた!

 

めっちゃ疲れて晩ご飯はお弁当を買ってきた。

でも温かいものが欲しいとお味噌汁だけ作った。

 

自分で何か始めたい。

スクール行って、ホームページとチラシを作ってみた。

 

 

…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ねぇ、

褒めてーー‼︎

 

 

皆さんは自分のことって褒めてらっしゃいますか?

 

私はこれ、あまりしていないと気づいたんです。

 

責めることはあっても褒める・認めるって圧倒的に少ないなと。

 

ムチ、ムチ、ムチ、アメ。

 

しかもまたすぐムチ打つから口の中のアメも味わう前に吐き出しちゃう。

みたいな。

 

で、最初のカップル。

私が彼氏なら、もうアイス買いに行かないなと思ったんですよね。

 

でももし彼女が、

「わぁ嬉しい!ありがとう!優しいね。」って言ってくれたら、また買ってきてあげようって思うよなぁと。

 

 

 

最近の私、なんかいじけモードだなぁと思っていたんですが、私の中の“彼女”がかなり感じ悪かったと気づいたんです。

 

例えばこのブログ。

世の中にブログはたくさんあって、気軽に始められている方もいますが、私にとっては大きな一歩でした。

 

それまであれこれ考えてなかなか始められませんでしたが、昨年ようやく立ち上げたんです。

 

で、やってみて分かったこと。

 

「あ、私、立ち上げたかったんだ。」

 

でも“やりたい”を行動に移したのに、その自分を褒めてなかったんですよね。

 

私の中の“彼氏”が、もうやってらんねーよと拗ねてるように感じました。

 

拗ね過ぎて“彼女”の声が聞こえないふりをしている時もあったかも!

 

f:id:color-takayo:20180123162333j:image

 

先程のカップルで言えば、

pinoが無くて他のアイスを買ってきたとしても、

入荷トラブルでアイスが何もなくて結局手ぶらでも、

彼女は買ってこようとしてくれたことが嬉しいし、彼氏は褒めてくれたり認めてくれたりすれば、次も買いに行こうって思えるんじゃないかと。

 

 

 

なので、

そう言えば私もあまり褒めてないかもって方は、一緒に自分を褒めてみませんか?

 

これで自分にどんな変化が起こるか、またこのブログで報告しますね。

もしくは変化が起こった方がいれば教えてください♡

 

今日も読んでくださり、

ありがとうございました。

 

お申込みはこちらから↓

◇MENU◇ - ココロはカラフル