ココロはカラフル

カラーボトルで心のクレンジング

セラピーと占いの違い

 

この前、10年ぶりくらいに占いに行きました!

 

f:id:color-takayo:20180502060703p:image

 

いやぁ、久々に楽しい体験でした!

占い師の方がとても面白くて、ドキッとすることもたくさん言い当てら…れて…、

って、え?セラピストが占いに?

 

はい、その時はめっちゃ興味が湧いたんです!

 

カラーボトルセラピーは占いですか?とたまに聞かれるので、今日は占いとの違いを含めてその時に感じたことを書きたいと思います。

 

 

「あなたは〇〇な性格ですね。」

「相手の方は〜〜な性格ですよ。」

「〇〇年にこんなことが起こります。」 

「〇〇の仕事が向いていますね。」

 

など、占いに行くと大体こんな答えをもらえますかね。

人って先行きが見えるなど、ぼんやりしたものがはっきりするとホッとしてやる気も出てきませんか?

 

 

そんな占いの結果を踏まえて大切なこと。

それは、

「で、どうしたい?」など

内面にフォーカスする時間

を持つことだと思いました。

 

例えば、

「あなたは気が強いから人にきつく当たるところがあります。それが人間関係のトラブルにつながっていますよ。もっと言い方を優しくした方がいいですね。」

と言われたとして。

これが

え!!めっちゃ当たってる!!

となった場合。

 

 

言い方を優しくったってどうしたら…。

 

f:id:color-takayo:20180502063215j:image

 

となる方もいると思うんです。

気をつけようにもなかなか…。

 

なので、

そもそも私って本当に気が強いの?

気が強くても人にきつく当たらない人もいるのに、なぜ自分はそうしてしまうんだろう。

自分はこの性格をどうしたい?

柔らかい口調なんて私じゃないみたいで何だかなぁ…。

 

など、問いかけや気づき、話すことは必要で、そこで癒されると人の変容は始まります。

また相手にきつい印象を与えない伝え方など、社会スキルの知識があるとより実践しやすくもなります。

 

自分を知るツールという点で占いとセラピーは同じかもしれませんが、内面へのフォーカス、変容のプロセスまでサポートできるのはセラピーの特徴です。

好みやその時の気分、相性もありますが、占いとはまた違うセラピーやセッションも味わってみてくださいね。

 

 

今日も読んでくださり

ありがとうございました。