ココロはカラフル

カラーボトルで心のクレンジング

究極のインプット

 

この前目にした言葉、

 

「アウトプットこそが究極のインプット。」

 

 

f:id:color-takayo:20180730112104p:image

(↑引用はこちらより)

 

それわかるー!!

 

f:id:color-takayo:20180730103937j:image

 

というのも、これって創作に限ったことじゃないなぁと感じたのです。

 

 

迷っているとき、誰か、何かに答えを求めたくなりませんか?

私はなります!

 

 

迷うってことは、自分の感覚、判断がしっくりきてないからなんですよね。

 

だから本を読んでみたり、占いに行ったり、周りに相談したり。

私もそれで勇気をもらって実行したことはたくさんありますし、もしくは迷いながら進むうちに答えが見つかったこともあります。

 

でもその意見をどこまで採用するか、GOサインを出すかなど、最終的に決めるのは自分。

自分の答えは

自分の中にしかない

んですよね。

 

とは言え、自分だけで答えを出して完結するって勇気がいるような、難しいような。

 

「いやーやっぱり無理でしょ。」

「傷つくかもしれない。」

「失敗したらどうしよう。」

「周りに迷惑がかかるかもしれない。」

 

そうやって気持ちに蓋をするのも自分自身だったりするもんで。

 

1番自分に親身なのは“自分”のはず。

なのに自分のことが1番見えなかったりもする。

だからアウトプットすることで「実は私こんなこと思ってたの⁈」と答えが分かることがありますし、私自身それを実感してきました。

 

セラピーってアウトプットの機会でもあるんですよね。

カラーボトルやセラピストのフラットな問いかけで、こんなことがあった、そう言えばあの時…と話す(アウトプットする)うちに“本当の気持ちを理解する”というインプットがされる。 

引用した言葉を見た時そう思いました。

 

「これにモヤモヤしてたのか。」

「え!そっちにイライラしてたの⁈」

こんな風に自分の気持ちがクリアになるとスッキリしますし、じゃあどうする?どうしたい?と前に進むことに意識がシフトしやすくなります。

 

セラピーは本当の気持ちを知るサポートです。

迷ったときのアウトプット、よかったら試してみてくださいね。