ココロはカラフル[plug Me]

ココロもエステしませんか?

認められたいの向こう側

 

仕事の発信をSNSで始めた頃、

フォロワー数=自分への評価=私の価値

という式を自分で作ってしんどい時期がありました。

フォロワー数が増えないってことは私を支持する人が少ない。

つまり世間で私の価値は低い、

私ってイケてへんのかー 

って。

f:id:color-takayo:20210530021946j:image

え、待って?

確かに数字は私が発信する内容の評価の指標やけど、私の存在そのものを評価するのではないやん。

というか、そもそも私の存在自体に評価っておかしくね?

 

f:id:color-takayo:20210530025919j:image

 

腑に落ちるまで時間は掛かったものの、そう気づいて楽になりました。

 

で、

今日の記事は気持ちを紐解いて気づくとなぜ解放感があるのか、です。

 

 

その時ふと、私は認められた先に何があると思ってるんかな?と、もしも人に認められたら、、ホワホワホワーンとその状況をありありと思い浮かべてみたのです。

 

たくさんの人がセラピーを受けてくれて幸せな人が増えてる!

喜び♡

うんうん、そやけど。

でもまだあるよね?(¬_¬)

 

そこにはてっきりワッショイとお神輿で担がれているような

f:id:color-takayo:20210530021856j:image

悦に入ってる感じもあるのかと思いきや。

あ、それもあるにはあったんですが笑

意外だったのが安心感でした。

 

なぜなら私の中にこんな思考回路が存在してたんです。

世間で認められて影響力を持つ人は、バカにされたり批判されたりしにくいんだろうな

そんな守られるバリアみたいなのがあって

いいなぁ、私もそのバリア欲しい

そしたら怖がらず自由に自分を表現できるのに

(↑あくまで私の脳内イメージです 汗)

 

そんなこと思ってたんや。

 

次にじゃあ何でそんなに怖いのかな?と思った時、私の場合、深いところで攻撃性をすっごーく抑圧していたと気づきました。

 

怒り自体はOK

でも強い態度で反撃するのはNO!って。

(親密な人は除く、、)

 

嫌な思いをしても対応は冷静に。露骨に気持ちを顔に出したり、やめてよ!と感情露に表現したり、プチ正当防衛すら抑えていたんです。

 

え、自分に嫌なこと言うてくる、してくる相手やのに?

それって自分を守る術を持ち合わせてないってことやん!

そら傷つく可能性ですら怖いはずやわ!と。

 

神社仏閣にある狛犬や仁王像が揃って怖い顔なのは結界を張って守るためだそうで、神様だってそんな存在を置いてるのに。

f:id:color-takayo:20210530025724j:image(確かに怖い、、)

私も自分を守る術が無いのは不安やろー!

よし、今この瞬間から攻撃性を許す!と思ったら、、

 

 

むちゃくちゃホッとしたんです。

f:id:color-takayo:20210530025017j:image

 

重しが取れた瞬間でした。

自分を表現する怖さを手放すためには、プライドを捨てるや人の目を気にしない、嫌われる勇気を持つ、自己肯定感を上げるってのもありますが、私には攻撃性に許可をするのも重要だったみたいです。

 

気持ちが解放される経緯ってこんな流れです。

先日セラピーで恐怖についてお話していて自分のことを思い出したので。

 

心の奥の動きのことを深層心理といいますが、「層」って漢字が入ってるようにホント心ってミルフィーユのような層をめくりながら力を抜いて本音をたどる感じなんですよね。

 

この記事でそれを少しでも感じてもらえたら嬉しいです(^^)

 

セラピースペース plug Me
ホーム | plug Me