ココロはカラフル

To know your「 」

人生の土壌

 

私には歳の離れた姉が2人います。

子供の頃はまるでWサザエさん

なので、お母さんが3人いるような環境で

育ちました。

 

f:id:color-takayo:20180325213255j:image

 

この姉妹構成を言うと、必ずと言っていいほど

「それは可愛がられたでしょう!」

「甘えられたでしょう!」

と言われます。

 

今思うと本当は大人の中に入れない寂しさや

劣等感もありましたが、

子供の頃は

「そんなにみんなが言うんだからそうなんだろうなぁ。私は普通の妹より可愛いがられているんだ。」

と思うように。

実際可愛がられていたのもあるんですけどね。

 

こうして私には

“特別な姉妹構成の末っ子”

という思い込みができ、

その恩恵にあやからねばと、進学、結婚といったライフイベントはもちろん、初めてのデートに着る服や親とのやりとりのコツまで、あらゆることを姉たちにアドバイスしてきてもらったんです。

 

おかげで私は人生の土壌を

姉のトラクターを借りて耕し、

「これ美味しいよ」

「これには栄養があるよ」

と姉たちオススメの野菜や果物の苗を植え、

不作知らずで育てたように感じてきました。

 

f:id:color-takayo:20180325213816j:image

 

それは私が結婚してからも続き、

何か不安やトラブルがあれば

ことあるごとにアドバイスをもらって

いたんですが。

 

 

 

 

 

 

 

これが

 

主人には

 

通用しなかった!!

 

f:id:color-takayo:20180325214455p:image

 

姉とはいえ別の人間。

すでにそれぞれが独立し価値観もバラバラになっている中、アドバイスを鵜呑みにして私と主人に当てはめたところで関係は全く育ちませんでした。

本当なら、姉に言っていた愚痴や相談は、直接主人にするものだったんですよね。

でもそれができなかった。

そこで気づいてしまったんです。

私の自信のなさ、

 

 

f:id:color-takayo:20180325225049p:image

 

 

こりゃ自分で鍬持って

耕さなきゃダメだ!!

 

てか、耕したい!!

 

曲がったきゅうりができたり枯れたりするかもしれないけど、一から自分で育てた作物は、より愛おしくて味わい深いんじゃないか。

そしてそれが自信にも繋がっていくと知りました。

 

それからはビビリながらも姉のアドバイスを無視して主人とぶつかったり、母親とぶつかったり。

f:id:color-takayo:20180325232548j:image

遅くやってきた反抗期のような時間を経て、

少しずつ自立していったんです。

 

で、今思うこと。

 

 

 

あー世界が変わった!!

VIVA!マイライフ!!

 

f:id:color-takayo:20180325220230p:image

 

最近よく使われるトライ&エラーの大切さが、この歳になって身に沁みたのでした。

 

そこで、

このトライ&エラーの大切さをテーマにプチ講座をします♡

 

日時:4月25日(水)

                    10:30〜12:00

場所:神戸三宮駅

         ホノルルコーヒー

募集人数:3名様

参加費:1500円

 

参加ご希望の方は

下記アドレスまでお名前をお知らせください。

お問い合わせもお気軽にどうぞ♡

  ↓

color.takayo@gmail.com

 

今日も読んでくださり

ありがとうございました。

 

セラピーのお申込みはこちらから↓

◇MENU◇ - ココロはカラフル