ココロはカラフル

ココロもエステしませんか?

◇MENU◇

 

[news]

カラーボトルセラピー、トークセラピーはLINEやInstagramのビデオ通話でも対応しております。お気軽にお申し付けください。

お支払いは電子マネー決済、または事前お振込みでお願いします。

その他詳細はお申込み後にお伝えいたします。

お申込み・お問い合わせ

color.takayo@gmail.com

 

 

 

・なんとなくモヤモヤしている

・考え事を整理したい

・自分のやりたいことを見つけたい

・とにかく話してスッキリしたい   etc…

 

カラダの調子は痛み・疲れなど、バロメーターが分かりやすいのでメンテナンスを意識しやすいですが、ココロの調子はつい何となく…のままになっていませんか?

 

イライラやモヤモヤは「気づいてほしいことがある」ココロからのサインです。時にはカラダの不調や身近な人間関係のことでサインを送ってくることもあります。

plug Cではこのサインに耳を傾け、"気づき"をサポートするメニューをご用意しています。

感情や思考の棚卸しで、内面からもメンテナンスを♡

 

※お子さま(小学生以上)も受けていただけます。

 

 

カラーボトルセラピー】

12色のボトルを使ってあなたの本質・今の状況・なりたい未来を紐解いていきます。詳しい流れはこちらから↓

➖ 料金 ➖

◾︎30分 3,000円

     →カラーボトルに表れた気持ちや

        身体の状態を解説しながら

        お話していきます。

 

◾︎60分 5,000円

     →カラーボトルに表れた気持ちや

        身体の状態の解説に合わせ、

        心理学的な視点も含めてお話して

        いきます。

 

◾︎90分 7,500円

      →内容は60分と同じですが、

         よりじっくりお話を聞く時間を

         お取りできます。

 

  ・10分延長につき +1,000円

     予約状況により異なりますが

     延長は可能です。

 

トークセラピー】

来談者中心療法に基づきながら、様々な理論を統合しています。

湧いてくる気持ちや言葉をとにかく話したい、聞いてほしいという方にオススメです。(時間と料金はカラーボトルセラピーと同じです。)

 

◾︎定期コース 20,000円

・2ヶ月に一回のペースで半年間

カラーボトルセラピー、心理ワーク、

   トークセラピーのいずれか90分メニューを

   合計3回

※通常料金が7,500円×3回=22,500円になりますので、続けて受けたいとお考えの方はこちらがオススメです

 

 

【らしさメソッド】

"自分らしく"をテーマに、それがもたらす心地よさとメソッドのお話+カラーセラピー(またはトークセラピー・心理ワーク)を合わせたメニューです。

プチ講座+セラピー 

110分 10,000円

 

【場所】

   神戸・西宮・梅田近郊のカフェ、

   レンタルペースなど。

   その他お住まいの地域によって

   お近くの場所をご提案いたします。

※ ご自宅への出張もしております。

    遠方の場合は交通費をご負いただく

    場合がございます。

 

 関連記事

お申込みは、

①お名前

②ご希望のメニュー

③ご希望の日時

をご記入の上、下記アドレスまでご連絡ください。

color.takayo@gmail.com

 

instagramはこちらから♡↓

https://www.instagram.com/taca.y06

 

和み彩香セラピスト養成講座修了

神戸女学院大学 人間科学部人間科学科 行動科学専攻 卒

                                   心理セラピスト TAKAYO

f:id:color-takayo:20190416204258j:image

 

 

 

過去記事:姉とカウンセリングと私

 

今日10月10日は世界メンタルヘルスデーです。

メンタルヘルス、メンタルケアを身近にしたいと活動をしていますが、そもそもカウンセリングやセラピーを受けるってどんな感じなのか。

 

私自身の体験談にはなりますが、過去の記事がご参考になればと思います。よろしければご覧ください(^^)

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 

「そこそこほどほどの生き方」という本を読もうとしたとき、ふと頭でこんな声をキャッチしました。

 

「私はそんな生き方せぇへんけどな。」

 

チャーハンを作っているとき、母のように味の素を使おうとしたら頭でこんな声をキャッチしました。

 

「味の素ってあんまり良くないねんで?」

 

え、今の声なに??

、、あっ!

 

 

 

 

これは10年ほど前、私がカウンセリングに通いだした頃の話です。

 

声の主は10歳年上の長姉で、姉ならこう言いそう…という想像で、実際に姉が言ったわけではありません。

でもこの声をキャッチしたのがターニングポイントでした。

 

 

私は三姉妹の末っ子で姉2人は年子。

小学生のとき姉たちはバブリーなOL。

 

f:id:color-takayo:20211010105706j:image

 

特に長姉は私との性格的な相性もあり、姉以上母親未満となって影響力も大きく、"お姉ちゃんが言うならそれが正しいんだろう"という考えを知らない間に持っていました。

 

新婚で料理に余裕がなかったとは言え、調味料1つ使うにも反射的に迷うほど、当時は自分に自信や責任を持てませんでした。

失敗して傷つくのが怖かったんですよねぇ。

 

でも特にめちゃくちゃ困ってると感じてないし、むしろ皆んなに支えてもらって恵まれてる。

だけど

自分がボヤけてフワフワしているような、

いつも何かを気にして緊張しているような。

 

恵まれているからこそ"裏側"を見るのが怖かったんです。

 

で、結婚して数年後、身体の怠さと吐き気が続き、内科へ行っても原因が分からずカウンセリングへ通い始めます。

 

あれ、

何を言っても否定されないし、アドバイスも押し付けられる感じがない、、。

意見を言っても物申す的にちゃちゃ入れされない!

 

めっちゃ新鮮でした。

素直に感情を表現する許可ができ、何も感じてないんじゃなくて感情を麻痺させていたと気づきました。

 

カウンセラーから自分を知るサポートをしてもらいながら、日常では自分の感じていることに意識を向ける習慣をつけた結果、冒頭の声をキャッチしたのです。

 

うわっ、

私こうやって"脳内お姉ちゃん"に

しょっちゅうお伺いたててたんや、、。

 

"脳内お姉ちゃん"の声は呼吸する、トイレに行くレベルか⁈ってくらい、無意識で無自覚なことでした。

 

②、③と続きます。

少し長くなりますが、カウンセリングを受けることがイメージしやすくなれば嬉しいです(^^)

 

 

 

それしかないわけないでしょう

 

今日のタイトルはこちらの絵本からなんですが、

f:id:color-takayo:20210929144555j:image

 

たまたま入った喫茶店に置かれていて、この表紙に惹かれて中を見たら

え、深い

となりまして。

中でもこちらのページ。


f:id:color-takayo:20210929144931j:image見にくいですが拡大してご覧ください

 

ほんとにそうだなぁって思いました。

どっちかしかないってないですよね。

 

で、今日の本題なんですが、

最近たまーに

「嫌いな人って実は自分と似てるの?」

と聞かれることがあります。

 

似てるというより解説が難しいところなんですが。

ユング心理学では「自分が認めたくない自分」と同じようなタイプの他人を見ると、人は感情を刺激される傾向があると言われています。

なので正直その可能性は否定できないのです。

(必ずしもそうとは限りません)

 

ただこの概念、場合によっては

むっちゃくちゃ

受け入れ難くないですか?

f:id:color-takayo:20210929150618j:image来月からの新シリーズ楽しみ♬

 

だってその人のこと嫌なヤツ、ダメなヤツと思ってるんですもん。

そんな人と一緒とかマジですんごいモヤっとしますよね。

で、先程の絵本に戻るわけですが、これについても

"それしかないわけないでしょう"

の視点で見てみると少しラクになるかもしれません(^^)

 

確かに同じ部分というか、本当はあの人がやっている不快な言動を実は自分もやってみたいけど、その欲求を抑えてきたのかもしれない。

でもそんな自分を認めたりその言動をしてしまったら、、、。

 

安心してください、してしまっても

その人そのものになるわけないでしょう

ってやつなんです。

 

あくまでもそういう一部が自分に存在しているけど、自覚してコントロールできればその一部が自分全体に影響するわけじゃない。

"その人"と自分はやっぱり違う人格なんだよって分かっていれば、むしろ自分の持ってるルールや考え方の幅を広げたり、新しい自分を見つけて解放感を感じさせてくれる相手に変容する可能性すら出てきます。

ただコントロールするには自覚しないとできないので、「私そんな風に思ってるんだなぁ」と自分のことをジャッジせずただ認める自己受容も大切になります。

 

あ!ちなみに嫌いって感情はワルモノではないし、嫌いな人を好きになりましょう、嫌いな感情を無くしましょうって言いたいのではありません。

あの人は嫌い、嫌いやねんの気持ちのまま、その上で相手のことを部分的に見ることで気持ちがラクになったり気づくことがありますよーってお話です。

 

それしかないわけないでしょう

実は色んなところで使える魔法の言葉かもしれませんね(^^)

お金を払って話す理由

 

愚痴って世間ではあんまりよろしくないと言われてますよね。

f:id:color-takayo:20210813011535j:imageどちらの気持ちも分かるけどこの絵…。

 

でもメンタルヘルスの観点で言うと、1人で抱えて我慢するなら吐き出した方がいいです!

 

f:id:color-takayo:20210813011240p:image

 

ただ価値観がさらに多様化するこれからの時代は、誰に話すかをもっと大切にして欲しいなぁ!と思います。

 

カウンセラーやセラピストって聴くことが中心ですが、これが仕事として成立しているのはそれだけ養成が必要だからなんですね。

 

というのも、人間の心には相手と自分を重ね合わせたり、その時の気分で話の感じ方が変わったり、話し手に好かれたいだったりと色んな反応があるため、個人的ジャッジメントを挟まず話を聴くって準備も心構えもありまして。

受けてくださる方から"もっと広がればいいのに"や"もっと早く受ければ良かった"とのお声を頂くのは、そこも感じてくださるからかな?と思います。

 

抱えるくらいなら愚痴る方がいいと言いましたが、一方で愚痴はひたすら現状を語っている状態。

なので変容の要素は薄く、話してスッキリ!はしてもそれを繰り返し続けて解決に向かうかと言われれば、、、

さらにこんな経験もないでしょうか?↓

 

本気で何とかしたいー!と感じる案件は、一度専門家を訪ねてみてください。

「今日セラピストとこんな話をしたんだけど…」って切り出したら話し合いがしやすかった

とか、

「私たちの関係ってこういう見方ができるって言われたよ」と第三者、専門家の意見として伝えることでご主人が素直に耳を傾けてくれた

なんてご報告もいただきます。

 

こんなことくらいで相談していいんですか?ってご意見も時々いただくのですが大丈夫です!

日常生活を過ごすとき、

リラックスしていたい

清々しくいたい

ウキウキしていたい

安らかでいたい

キュンとしていたい

ワクワクしていたい

ボーっとしてたい 

など

その方にフィットした"お気に入りの気分"があるはず。

この時間を長くするには何が必要かを見つけていくと、自分のことも自分の人生も

お気に入り度数、上がります♡

 

だから自分をニュートラルポジションへ戻す場所として、マッサージやエステ、ヨガ、美容院、歯科検診へ行くように、心のメンテナンスも加えてみることを検討してみてくださいね(^^)

着る物で人生は変わる

 

インスタライブでファッションデザイナーの丸山敬太さんが

『着る物で人生は変わる』

って言われてたんです。

 

f:id:color-takayo:20210810172257j:image

 

その言葉の音は穏やかでしなやかなのに確信に満ちていて力強くて。

私も着る物に人生を変えるお手伝いしてもらったーって深夜に1人興奮しました。

 

 

心のことをしてなかった頃は自分を粗末にしてるとか後回しにしてるとか、そんな感覚すらなくて、仮にそうだとしても別に良くね?くらいに思ってました。

だって大切な人たちのために自分が望んでやってることで、それで目の前が上手くまわるなら我慢しとけばいいやん。

と、"I'm OK、You're OK"の概念がこの時はまだ無かったんです。

 

で、体調を崩した時に我慢の蓋は外れ、

私はもっと大切にされたい

という強烈な思いが出てきました。

 

でも自分を大切するって?

そもそも人間の価値って周りに愛されたり大切にされたり評価されてナンボで、そのために頑張るのやないのかい?

自己満とかってナルシシストでイタくないん?

 

ここまで言語化はできてなかったけど、漠然とそんな頭で生きてたように思います。

そしてそもそもこの考え方が私の性格とは相性が良くなかった。

 

 

思考優先だった私が変わるのに必要だったのが

とにかく感じること。

 

f:id:color-takayo:20210810172736j:image

 

感度を上げる実践をしやすかったのが、元々好きなファッションでした。

 

子供の頃から楽しんでたつもりだったけど、自分の感度をより大切に意識してみたら制限と抵抗、出るわ出るわ!

値段、シルエット、カラー、値段、体裁、値段。

(あら、気づけば値段が3回も。)

 

好き、着たい、似合うで"ちゃんと"選んでるつもりの奥にある無意識の思考の中には、

自分で自分をどうイメージしているか

専業主婦である自分へのステレオタイプ

自分の役割をどんな設定にしているか

など、自分を知るヒントがけっこうあったのです。

ここを出発点に、感じることを他のジャンルにも応用していくことができました。

 

 

今は当時より自由に楽しんで、ありがたいことに素敵な方たちとのご縁にも恵まれ、あの時の私が今の私を見たらおったまげると思いますが、とは言えまだ抵抗も制限もあります。

 

でも当時と違うのは、その抵抗や制限に気づきやすいこと、気づいたらそれをどこまで手放すかをごまかしも無茶もせず自分で選択している感覚があることで、これが1番楽になれた変容です。

 

こうして私の変容を助けてくれたのはファッションに自己表現の要素があって、性格やその時期の気分が投影されやすいからなのもあります。

さらに色彩とも深く関わりがある。

 

そんな理由から楽しみながら外側から内面へアプローチできるよう、スタイリストのnoricoさんとファッションとメンタルをマッチングしたユニットも立ち上げていますので、ぜひそちらも覗いてください♡

お申し込みはこちら ホーム | reme_room

 

対等という敬意

 

心理学者のアドラーは、

"人は対等である"

と唱えています。

f:id:color-takayo:20210802224728j:image

 

親と子、上司と部下、顧客と業者など、あらゆる対人関係は「縦」ではなく「横」の関係にあり、人と人とは対等であると言うのです。

f:id:color-takayo:20210803030621j:image

 

 

親に向かって口答えするな、子供のくせに〇〇だ!

と言われて育った昭和世代の私にとって、この考え方は最初ちんぷんかんぷん!

 

でも今はその意味がだんだんと分かってきて、こんな風に思うのです。

 

好きなヒト、モノ、コトこそ

心の中では対等でありたいと。

 

私は好きなヒト、モノ、コトを自分より上に置く癖が元々あって、癖が出やすいパターンでは気をつけていないと今も発動することがあります。

 

でも上に置くと、時には強迫観念や執着に変わる可能性を帯びてくることも分かってまして。

 

そうなるといつの間にか

"やりたい"が

"やらされてる"、"やらなきゃ"に感覚が変わっていたり、

 

すると決めた・受け入れたのは自分なのに

"こんなことされた"、"言われた"に解釈が変わっていたり。

 

 

それは時に

"好き"から"嫌い"へ反転することを予感させます。

 

 

好きなヒト、モノ、コトは私がいる世界に現れてくれた、もしくは私の無意識が出現させた大切にしたい存在。

 

だから対等の中には

対象へも自分へも敬意と尊重は存在するし、その気持ちを持ち続けたい。

 

大切だからこそ対等で在るために

できる限り

強がらず、弱ぶらず、

いい子ぶらず、悪ぶらず、

あるがまま、

主体的でありたいと思うのです。

〇〇で何が悪いの?

 

自分軸と他人軸。

 

ポジティブとネガティブ。

 

自己肯定感が高いと低い。

 

 

こうした自分の感じ方、状態って

(性格と違って、何と言えばええかなぁ)

どちらが自分にとって

楽か

快適か

幸せか

といった基準ですが、

ここに優劣って

いらなくないですかぁ?

f:id:color-takayo:20210616220500j:image

 

自分が楽に、リラックスして、ハッピーになりたくて変わろうとするわけで、自分軸で生きてる人の方が優れていて他人軸で生きてる人が劣ってるわけじゃなく。

現時点の自分が

ダメだからで、

欠けているからで、

劣っているからで、

変わった未来の私の方が

イケてる

完全無欠

優れている

 

ってことかというと、

ちゃうちゃうちゃーう!

f:id:color-takayo:20210616192421j:imageん?呼んだ?

 

でも人間って優劣が気になる生き物でもあって、アドラー心理学でもこんなことが言われてます。

 

すべての人を動機づけ、われわれがわれわれの文化へなすあらゆる貢献の源泉は、優越性の追求である。人間の生活の全体は、この活動の太い線に沿って、即ち、下から上へ、マイナスからプラスへ、敗北から勝利へと進行する。

 

今より上へ、優れようと思う反対にあるのが劣等感で、これが他者との比較、他者への批判に向くとズレていくって話なんですが、それはまた今度ゆっくり♡

 

今日お伝えしたいのは、

変わろうと決めた現在地の自分が劣っていて、周りのすでにそれを叶えている人や未来の自分が優れているだと修行感になるというか。

もちろん優劣を意識することでやる気が出るタイプの人もいますし、これまた優劣がダメって話でもありません。

ただ優劣が気になるとしんどーってなるタイプの人は、自分の快適さ、生きやすさのために取り組んでいるってことを意識することが大切です。

もちろん変容に気づいたら、よくやってきたなぁ!って自分を認めることもお忘れなく♡

 

なんかモヤモヤする時は、そこに優劣を持ち込んでいないかな?と感じてみてください。

そうすると自己否定やダメ出しの機会が減って力を抜いて自分の変容を見守れるように(^^)

 

また、人は変わろうとする時どうしても力みがち♡エイって勇気出す機会も出てきますもんね。

だから力みに気づいたらそんな自分もオッケーと許しながら、心地いいところ、落ち着きどころを見つけていきたいと私も思ってます!

 

良かったら一緒に見つけていきましょー(^^)/