ココロはカラフル[plug Me]

ココロもエステしませんか?

期待と信頼

 

「信じる」とは?

 

「自分が理想とするその人の人物像に期待していることなのかな。だから(それと違うと)人は『裏切られた』とか『期待していたのに……』とか言うけど、それはその人が裏切ったわけではなく、その人の見えなかった部分が見えただけ。見えなかった部分が見えたとき、それもその人と受け止められる、揺るがない自分がいるのが信じられることかなと思う」

 

さらに、

 

「揺るがない自分の軸を持つのは難しい。だからこそ人は『信じる』と口に出して、理想の人物像にすがりたいのではと思いました」

 

 

これは先日映画の完成披露イベントで、主演の芦田愛菜ちゃんが『信じる』について聞かれた際の回答だったのですが、聞いたとき唸りましたよね。

しかも16歳の言葉だなんて、、。

 

f:id:color-takayo:20200910170239j:image

 

 

 

今年に入って知人からの相談で

「こんなにしてあげたのに!」

と落ち込んだ、逆にそうやって相手からキレられたって話を同時期に聞くことがあったんです。

 

で、その時いい大人同士であれこれ話して出した結論がまさに愛菜ちゃんの言葉だったもので、、。

嘘です。

愛菜ちゃんがより分かりやすく言語化されてらっしゃいます。

 

私が16歳のときなんてKinKi Kidsの光一のことで頭いっぱいでしたよ?

f:id:color-takayo:20200910171443j:image

 

 

 

相手との関係が思い通りにならなくなったとき、『期待してた』のか『信じてた』のかで違うのは確かに“裏切られた”と思うかどうかです。

 

純粋に自分が決めてやっていたことなら、相手から期待通りの反応や結果が得られなくても裏切られたとはならないですよね。残念ではあるかもしれないけど。

 

でも愛菜ちゃんが言うように、ここまでの軸を持つことは簡単ではございません。

そこまでも考察されているとは、、。

身内など近い人ほど理想もあるからどうしても期待は出ますよねぇ。

 

 

特に人と分かり合いたい気持ちが強い人は、その反面言わなくても分かってほしい、話を聞いてほしいなど、相手への期待値が高くなる傾向があります。

それは同時に自分も相手を分かろう、察知しようと頑張ってることがセットなことでもあり。

 

良好な関係でいたかったはずが、頑張りすぎて相手と自分への期待値が高くなってその結果しんどい関係に。。

なんてこともあるのでバランスが大切です。

 

そのためには私は私、相手は相手なんだと違いを、、

いや、もう愛菜ちゃんの言葉に尽きますね 笑

しいて言うなら、愛菜ちゃんの言う“見えなかった”のところが“見ないようにしていた”の場合もあるってことでしょうか。

 

信じるって自分のことをしっかり引き受けることでもあるんだなぁと16歳の女の子に改めて感じさせてもらいました。

(合掌)

 

セラピースペース plug Me
ホーム | plug Me