ココロはカラフル[plug Me]

ココロもエステしませんか?

「どちらも選べる」でひと呼吸


もうこういう自分はやめたいなぁって時。


今までと違うアクションやチャレンジはやっぱり必要なんですけどね。

例えば

我慢する機会が多くてしんどかった人が、これからは自分の意見を言う機会を増やすとか。

 

でもこれが

言いたいこと言うなら

今でしょ!

f:id:color-takayo:20210217122747j:image

 

と、いつもいつもミッションみたいにやるとそれはそれでプレッシャーになったりする。

 

f:id:color-takayo:20210217131253j:image

 

また、変わると決めたのに結局言いたいことが言えなくてその自分に落ち込むだと、せっかく楽になろうと決意したのに(涙)

みたいな。

 

なので、行動パターンを変えてみようと思った時は、これまでのやり方にもOKを出しておくことが大切です。

「(どちらも選べてそれぞれにメリットとデメリットあるけど今回は)どうする?」
許可やバリエーションを増やしてあげる感覚。

このひと呼吸があるだけでも、反射的な行動からの変化です!

 

迷うのはそれぞれにメリット・デメリットがあると感じているからだし、失敗したくないと誰でも思うものなので、新しいやり方にドキドキするのは当たり前です。

 

だから

どうしたい?と自分に聞いて今回は言えなかったって時は、

"この人にハッキリ切り出す勇気は今の私にまだない。

でもそれが今の私だからしょうがない。
開き直るでも諦めるでもなく、見ないふりせず受け入れよう。
そして「今は意見しない」と選んだのは自分。

(今はそれでいいよ。)"

自分をジャッジせずに受け入れ、自分で決める感覚を意識してみてください。

これもしんどい場合、無理は禁物で。

 

物事によってはすぐに解決へ向けて行動できることもあれば、どうしても苦手なジャンルやタイミングもあって、未解決な案件を抱えたまま走らなきゃいけないことも。

 

本当はこうした方がいいことも
自分に言い訳してることも

全部分かってんねん 泣

みたいな時って誰でも経験あるんじゃないでしょうか。

 

そういう時は勇気がないとか決断力がないと自分を責めるくらいなら、まずは"自分を許して自分で選ぶ感覚"を積み重ねることを意識してみてください。

するとスッと力が抜けて、勇気を継続する力を保ちやすいことがありますよ(^^)